« 特に理由は無い。 | トップページ | 食欲の秋 »

2007年9月17日 (月)

『ヨダレ・リュウタの職人魂』(20070916)

「FMドラマシティ」、毎週日曜の20時~21時30分。

本来ならば、『ロミオマシーンの真心魂(ましんだましい)』の放送がある。
「ロミオマシーン」とは、北海道で活動するインディーズのロックバンドである。

しかし、「ロミオマシーン」のヴォーカル・大森俊治さんは
今月末の舞台『スロウダンス』の出演者であり、稽古も追い込み。
そのため「16日と23日の放送を休みたい」と申し出た。

その2日間をどうするのか?番組休止か?大森さんは考えた。
「常連リスナーに番組を任せる」

こうして、本人の意思とは無関係に、番組のピンチヒッターに
抜擢されたのが、ラジオネーム「ヨダレ」さん&「リュウタのピンスポ」さん。
この両名、大森さんが「HBCラジオ」でやっている番組にも欠かさず
投稿している熱心なファンなのだ。大森さんが白羽の矢をたてたのも
うなずけるというもの。

おそらく前代未聞、空前絶後の試みであろう。大手の民放局では
手を出さないだろうし、コミュニティFM局だってここまで思い切ることは
無いだろう・・・この「ドラマシティ」を除いては。

いわゆる「ネタ職人」「ハガキ職人」である二人に、いきなり90分間の
番組枠を与えて「トークをやらせる」というのだ。普通じゃ、こんな話は
まず通らないだろう。とりあえず大森さんは、局長に話をした。

面白いことが大好きな局長のMARUさんは、即答した。
「大森が良いって言うんなら、良いんじゃない?」

そんなこんなで、番組は本番を迎えた。連休中ということもあってか、
スタジオ前には「ロミオマシーン」のファン、HBCラジオのリスナー、
ドラマシティのリスナー(僕を含む)が大集合。この歴史的瞬間を目撃し、
番組にも参加しようと集まった「愛すべき、物好きたち」。

「偉大なシロウト」2名をサポートするのは、「真心魂」の若きディレクター
吉田 唯さん。彼がいれば、少なくとも「最悪の事態」だけは免れる。

こうして、秋の連休特別番組
「ロミオマシーンの真心魂
番外編/ヨダレ・リュウタの職人魂」

第一回の幕があけた・・・

番組開始直前には「ロミオマシーン」のギター・前畑さんが
差し入れを持って参上し、大いに二人を勇気付けた。

番組中には、芝居の稽古場から大森さん&MARU局長が
電話で参加(局長は劇団の責任者で、芝居の演出を手掛けている)。

HBCの栗林ディレクター、「ロミオマシーン」のドラム・宗さんも
番組宛にメールを寄せてくれた。

「ロミオマシーン」は4人いたはずだが・・・
ベース・Rz(ロージー)さんから
特に何も無かった
ことだけは明記しておこう。

最初こそ緊張していたものの、時間の経過とともにヨダレさん&リュウタさんも
自分のペースを掴んだのか、番組はスタジオ前のギャラリーと共に和気藹々と
進行していく。これほど「人の優しさ」が凝縮された空間は、そう滅多に
お目にかかれるものではない。

番組に寄せられたメールは50通超。これは「真心魂」を上回っている。
そしておそらく、FMドラマシティの全番組中、1位か2位に入る数字だろう。
(これを聞いた大森さんは拗ねてしまった)

楽しい時間が過ぎるのは早い。定刻どおり90分で終わる予定の番組だったが、
局長の英断で「30分の延長戦」に突入し、番組終了は22時となった。

スタジオから出てきた二人を、ギャラリーは暖かい拍手で迎えた。
この日、伝説は確かに作られたのだ。そして来週、この伝説は
神話へと昇華されるに違いない。

|

« 特に理由は無い。 | トップページ | 食欲の秋 »

コメント

レギュラーになるかSP放送になったら教えてくださいね!!

SP放送なら最低は10。
レギュラーなら最低1通でほぼ毎週送りますので。

投稿: 忍コロ | 2007年9月18日 (火) 23時41分

忍コロさま>
ありがとうございます。

次回の「アニソン」は
再び12時間特番になるか、
あるいは週一のレギュラー番組に
なる…予定です。

まだ確定はしておりますせん。

投稿: イシダー | 2007年9月18日 (火) 22時52分

昨日、見学させていただいてた忍コロという者です。
ヨロシクお願いします♪

いやぁ、真心魂の検索の延長でイシダさんのブログ入ったんですが……
なんですか!!!??ここは?

とってもいいじゃないですかぁ!!!!!!
トップでドカンとらきすたとは…やりますねイシダさん。

ところで、質問なのですがアニソンSPはいつやりますか?
自分はfateの第二期OPとかが聴きたいんです!!

投稿: 忍コロ | 2007年9月18日 (火) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11112/7974288

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヨダレ・リュウタの職人魂』(20070916):

« 特に理由は無い。 | トップページ | 食欲の秋 »